前のページからの続き。

6.コーヒーが出来たら、ミキサーに注ぐ。耐熱温度?60度とか書いてあったような気もするけど?
これってどうなんでしょ?と思いつつそのまま使ってます。
ミキサーはあえて温めていません。
DSC_0605

7.20秒ほどミキサーにかける。油脂が乳化するらしい?飛び散らないようにフキンで蓋をしています。
DSC_0608

20秒後。乳化完了した模様。
DSC_0610

8.カップに注いで、完成!いい感じにぬるくなっていて、ごくごく飲めます。
DSC_0612

ネットで調べてみると、バター入りコーヒー美味しい!という声も結構聞きますが、私と私の周りでは、味としてはそんなに好評ではありませんでした。
というか、飲むときはまぁいいのだけど、飲んだ後の胃のもたれ具合が半端ない。
安い無塩バターを使っているからダメなのではなく、ちゃんとフランス製のAOCバターを使っていても同じでした。
だからと言って、バターを抜きにすると、腹持ちがとっても悪いのです。
MCTオイルとバターはやっぱりセットでいれるべきなんですね。

ちなみに、使用しているMCTオイルはこちら。
DSC_0604
仙台勝山館のもので、楽天市場で買いました。


完全無欠コーヒーの正しい作り方はこちら↓


ミキサーより簡単に完全無欠コーヒーを作りたい方はこちらの記事へ ⇒ダイソーのカプチーノミキサーで作る完全無欠コーヒー